2018年の映画 SF映画 アクション ソニー ホラー

【完全ネタバレ】「ヴェノム」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

スパイダーマンの天敵?

今年日本で12月公開のアクション映画です。アメリカでは10月公開とのこと。

スパイダーマンなのでディズニー(マーベル)かと思いますが実際にはソニーが制作会社のようです。

興行成績

全く予想が出ていない状態です。

レビューサイト

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

主なキャスト

トム・ハーディ - エディ (ヴェノム)

Home. #Venom

A post shared by Venom Movie (@venommovie) on

Anne Weying - ミシェル

完全ネタバレ

シンビオートを運ぶ宇宙船がマレーシアに着陸します。4つのシンビオートがありましたが、そのうちの一つ、ライオットが逃走します。ライオットは人間の体に入り込みます。ライオットはライフファウンデーションという企業の宇宙船を使い他のシンビオートを地球に運ぶことをもくろんでいます。

ライオット以外の3つのシンビオートはライフファウンデーションのボス・ドレイクによって人体実験に使用されています。しかし殆どの人間は実験の最中に死亡します。またシンビオートの一つは実験途中に死亡します。レポーターのエディはドレイクが人体実験をしていることを彼女・アンから聞きます。エディはドレイクにインタビューを図りますが、彼は会社から首にされてしまいます。

仕事を見つけられないエディは途方に暮れます。アンはエディと破局し、その後彼女は医者の彼氏ができます。ライフファウンデーションの研究者であるドラは秘密裏にエディに会社の実権について調査してもらうよう依頼し、彼を研究所に連れていきます。研究所の中ではシンビオートと融合した人間がエディに気が付きセルから出ようとします。エディはその人間がホームレスの知り合いであったマリアだという事に気が付きます。エディはマリアを助けようとしますが、マリアはエディは攻撃しシンビオートをエディに送り込みます。エディはヴェノムとなり研究所から逃げ出します。ドレイクはこのことに怒りドラを殺します。彼は機動部隊にエディを探すよう命令します。

エディは自身の体に取り付いたものが何なのか理解しようとします。彼の体は恐ろしく強靭になっていたのです。エディはアンに会い、アンは彼氏の医者にエディの身体をチェックしてもらいます。エディは自身のシンビオートが高周波を恐れていることを発見します。検査結果を待っている間、エディは帰宅します。ドレイクの手下はエディが家にいることを発見し彼を攻撃します。エディはヴェノムへと変身しすべての敵を倒し逃走します。エディはヴェノムと会話します。ヴェノムは自分がエディのような負け犬であることを伝えます。エディはそしてヴェノムを力を借りてライフファウンデーションで撮った写真の入った携帯電話を以前働いていた新聞社のボスに渡すことを計画します。

夜、ヴェノムはエディの以前のオフィスに入り彼の携帯電話を置いていきます。オフィスを出るときに武装部隊に襲われますが、難なく倒します。そしてヴェノムがエディへと戻るところをアンが目撃し、恐れおののきます。そしてアンはエディを彼氏の研究所に連れていき検査結果を見せます。レポートには、彼の体内のシンビオートがエディの身体の能力を大きく引き上げていることが示されています。しかし同時に彼の体内はシンビオートによって食されていることもわかります。エディは高周波を使いヴェノムを取り除こうとします。ヴェノムはエディから切り離され、ヴェノムは逃走します。その後エディはドレイクの部隊によって拘束されます。

ヴェノムはアンと融合しエディを助けようとします。ドレイクはエディと会い、エディはシンビオートを持っていないことを知ります。エディにヴェノムの場所を聞きます。その後ドレイクは手下にエディを殺すよう命じます。そしてアン+ヴェノムが到着しエディを救出します。アンはエディにキスし、シンビオートはエディに戻ります。ヴェノムは宇宙船に到着しライオットと戦います。ヴェノムは宇宙船を破壊することでライオットを倒します。映画の最後ではエディとアンは関係をもとに戻したところで映画は終了でした。

クレジットシーン
エディは刑務所に行きシリアルキラーのクレタスとインタビューを行います。その後新しいスパイダーマンの予告編?が流れました。

正直期待はずれ

どうしてこうなったんでしょう・・・ソニーはスパイダーマンシリーズからマーベルのようなシネマティックユニバース (MCU)を作ろうとしてるんでしょうか?でもスパイダーマン今回出ませんでしたし、ヴェノムとスパイダーマンがどう絡んでいくのかは正直謎です。ソニー自体が独自の世界観を作るよりもマーベル内部でヴェノムを一つのキャラとして扱ったほうがまとまりができると思うんですがどうでしょうか?

アクションシーンもあまり盛り上がりに欠けましたね。もちろん最新のCG技術を使っているのはわかりますが、正直あまり楽しめませんでした。

そもそもスパイダーマンの敵役をメインに据えた設定自体に無理があったのかもしれません。映画全体を通して展開は十分予想できました。私はすべてのスパイダーマンを見てきましたので、予定調和というか、あまり驚くようなシーンは少なかったように感じます。すべてが平凡だったように感じました。映画自体にあまり共感することもなく、観客が入るこむのが難しい作品だなあと思いましたね。

次回作ができるかどうかは正直全くわかりません。今作の評判と興行成績次第というところでしょうか。正直ヴェノムを観るまでは今年最後のアクション超大作として大いに期待していたんですが、正直期待ハズレも良いところでした。

今後これはシリーズ化するのか?果たしてソニーのシネマティックユニバースの将来はどうなるのでしょうか?私にはわかりません。

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

-2018年の映画, SF映画, アクション, ソニー, ホラー

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.