2018年の映画 コメディ フォーカス

【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間 (原題: Tully)」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

更新: 日本公開決定

日本での公開が決定しました!8月17日より公開開始となっています 🙂

コメディ映画

シャーリーズ・セロン出演のコメディ映画です。監督Jason Reitmanとシャーリーズ・セロンが組むのはこれが3作目ですね!アメリカでは5月4日公開です 🙂

興行成績

全く予想は出ていない段階です。

更新: 2018年6月12日時点で全米で約900万ドルという成績です。

レビューサイト

母数は200と非常に小さいですが6.8/10とコメディにしては決して悪くない数字ですね 🙂

更新: 2018年6月12日時点で7.4/10とかなり高い数字が出ています。

主なキャスト

監督: Jason Reitman
Charlize Theron - Marlo

Isn't she lovely? @charlizeafrica #TULLY

A post shared by Tully (@tullymovie) on

Mackenzie Davis - Tully

Our #TULLY, #MackenzieDavis, lights up the red carpet.

A post shared by Tully (@tullymovie) on

Mark Duplass - Craig
Ron Livingston - Drew

At the #TULLY premiere with star #RonLivingston and his wife #RosemarieDeWitt.

A post shared by Tully (@tullymovie) on

あらすじ

Marloは3児の母で夫とともに忙しい日々を送っています。Marloの兄MarkはベビーシッターTullyを雇うことで彼らの負担を和らげようとしますが・・・

まとめ

Marloは3児の母親です。毎日忙しく生活しており、兄弟のCraigは夜のベビーシッター・Tullyを雇いました。赤ん坊のMiaの面倒を見るのはもちろん、部屋を綺麗にしたり、Jonahのためにカップケーキを作ったりと万能なTully。

自動車事故にあった際、TullyはMarloが見ていた幻想でしかなかったことに気が付きます。寝不足と疲労がMarloにこの幻想を見せていました。Tullyは彼女の旧姓で、おそらくTullyと思われたのは20代の頃のMarlo自身だったのでしょう。

MarloはTullyは助けは必要ではないことを理解し、夫のDrewの助けも借りながら子どもたちを大切に育てていくのでした。

完全ネタバレ

マルロは三児の母で毎日を忙しく過ごしています。家族はマルロの兄弟クレイグの家でディナーです。彼らの姉妹グレタとエミー、そしてヘルパーのシャスタがそこにはいます。クレイグはマルロの忙しすぎる生活を見て、彼女にヘルパーを雇うようアドバイスします。クレイグはヘルパーの費用を払うと言いますが、マルロはまだ考えています。

マルロは病院に行き女の子を出産し、ミアと名付けます。家に変える途中、授乳やらオムツの変えやら、とにかく忙しさで休まる時がない日々に心底疲れ果ててしまいます。

その夜、サラとジョナを寝かせたあとヘルパーの「タリー」が訪れます。彼女はマルロに母親になるとはどういうことなのか聞きます。現代のメリーポピンズというのでしょうか、なんでもできるタリーは次の日部屋をピカピカにしていたのでした 🙂

次の夜、タリーはジョナのクラスのためにカップケーキを作ります。マルロはローリーに謝罪の意味を込めて一つ渡します。

マルロは以前よりずっと調子が良くなります。家族で誕生日パーティーに参加した時、参加者は以前と比べていかに彼女がイキイキしているか述べます。

次の日の夜タリーが来ます。彼女はルームメイトに不満がある様子。彼女はマルロにシティに行こうと誘います。マルロは乗り気ではありませんでしたが結局ブルックリンに行くことにします。

マルロとタリーはバーに行く前にマルロの昔住んでいた場所に行きます。その後タリーはこれ以上働けないことを明かします。マルロは怒り、その場を離れようとします。彼女は自転車を奪って去ろうとします。その後車で家に帰ろうとしますが、居眠り運転をして川に落ちてしまいます 🙁

マルロの乗った車が水の中に沈んでいきます。タリーがマーメイドとして彼女を助けに来ているように見えます。

マルロが病院で起きた時、ドリューが介護をしていました。ナースはマルロが睡眠障害を患っていたことを明かします。クレイグが到着した時、マルロの旧名が「タリー」であることがわかります。実はタリーはマルロが作り出した人物だったのです。その後、タリーは最後にマルロに会いに行き、もう会うことはできないことを言います。

マルロは帰宅して今までのやり方を変えます。彼女はキッチンで音楽を聴きながら子供達の次の日のランチを準備しています。ドリューが来て彼女を手伝うところで映画終了でした。

育児中の母親は必見です

育児に疲れた母親Marloと夜間ヘルパーのMarloの物語。子育ての大変さは今までハリウッド映画でありそうでなかったタブーのテーマではないでしょうか。女性にとって子育てとキャリアを両立するのは2018年の現在も厳しく難しい問題です。これって本当に難しい話なんですよ。どちらかというと男性は働けばいいだけなんですが、女性は未だに子育てと考えられていることがよくありますよね・・・複数の友人から育児の大変さを聞いているので、数年後に自分に降りかかることをイメージしながら観ました。そういった意味では、私にとってただのコメディ映画ではなかったです。

育児に疲れ切った母親を演じるシャーリーズ・セロンの演技はお見事でした!この映画のために10キロ以上体重を増やしたことは有名な話ですね。

またTully役を演じたMackenzie Davisも素晴らしかったですね。Tullyは有能な夜間ヘルパーでMarlo達の疲弊した生活を大きく変えていきます。MarloはTullyが来た日から初めて育児から開放されぐっすりと眠ることができたのでした。ピカピカに掃除された家は以前とは見違うほどでした。若いながらもMarloと夫の関係修復にも一役買うなど、現代のメアリー・ポピンズといえるんではないでしょうか 🙂

-2018年の映画, コメディ, フォーカス

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.