2018年の映画 ドラマ ロードサイド・アトラクションズ

【完全ネタバレ】「さよなら、僕のマンハッタン」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

2017年8月公開の映画

昨年8月にアメリカで公開された「さよなら、僕のマンハッタン」。原題は「The Only Living Boy in New York」です。原題のほうがよっぽどいいと感じるのは私だけでしょうか・・・ポール・サイモンの曲でもありますし 🙂

すでに公開されDVD・ブルーレイともに発売されている作品です。日本公開に先がけて観てみました。

興行成績

全米での興行収入は62万ドル、全世界では213万ドルでした。今後日本で公開されることで数字が伸びるでしょうね 🙂

レビューサイト

IMDbによる評価は6.3/10で良くも悪くもなく。人を選ぶ映画かな?

主なキャスト

カラム・ターナー - トーマス
ケイト・ベッキンセイル - ヨハンナ
ピアース・ブロスナン - イーサン
シンシア・ニクソン - ジュディス
ジェフ・ブリッジス - ジェラルド
キーアージー・クレモンズ - ミミ
デビ・メイザー - アナ
ビル・キャンプ - バスター
テイト・ドノヴァン - ジョージ

あらすじ

Thomasは大学を卒業し、今後の人生をどうしようか考えていました。彼の友達Mimiに好意を抱いていますが、そんな想いは一方方向。そんななかJulienと出会い、人生について考え始めます。

完全ネタバレ

大学を卒業したばかりのThomas。好意を寄せるMimiに想いますが、想いは一方方向です。そんななか彼は隣人Geraldと親睦を深めていきます。ある日Thomasはバーにて父親Ethanが他の女性といるのを発見します。Thomasはこの女性をを追います。どうしたわけか彼女と一緒にいたもう一つの女性Johannaは彼のことを知っているとのこと。彼女は父親とともに働いており、彼の写真からThomasのことがわかったようです。JohannaはThomasが何も知らないとからかいます。このことをGeraldに伝えるThomas。彼女と寝たいかと問われた彼ははっきりしないながらも肯定します。

その後Johannaが他の男といることをThomasは発見します。その後の展開から2人は一夜をともにすることに。Thomasは彼女に夢中になります。Thomasは、自分が小さい頃からライターになりたかったこと、そしてその夢は父親によって砕かれたことを伝えます。

ある日Thomasは「The Only Living Boy in New York」という原稿をGeraldのアパートで見つけます。Geraldはプロのライターでした。ThomasのエッセイをみたThomasは彼の才能を見出します。

ThomasはMimi、Geraldを父親の会社のパーティに誘います。Mimiはこの少し前よりThomasのことが気になり始めています。彼女はThomasにJohannaと付き合っているかどうか聞きますが、彼は否定します。その後GeraldははJohannaにThomasを傷つけないよう助言します。

Johannaは一方的にThomasとの関係を終わらせます。なんとEthanが彼女に求婚したからです。Johannaは涙ながらEthanを愛していることを伝え、Thomasのことを何も分かっていないことを伝えます。

GeraldはThomasの両親に親しい関係だったことを明かします。GeraldはJudithを愛していることを伝え、また同時に彼はいつもThomasを遠くからみていたことを明かします。Thomasが家に帰るとEthanと母親Judithの関係が終わっていました。父親はJudithがGeraldと長い間関係を持っていたことが明かされるのです。

数年が経ち、Thomasは書店で働きながら執筆に励んでいます。Ethanは書店に行き2人は再開します。Ethanは彼を手助けしようとしますが、これをThomasは断ります。ThomasはJudithがGeraldの読む「The Only Living Boy in New York」を聞いているのをみます。Thomasは母親が幸せな顔をするのは随分久しぶりだと感じました。

感想

マンハッタンと聞いてすぐ思い出したのがウディアレン監督の「マンハッタン」でした。万貼ったの生活を切り取った今作もどこかそのような面影が見えて、行ったこともない街のはずがなぜか懐かしさを感じました。若き少年の葛藤、様々な感情が頭の中でめぐります。性的、そしてロマンを求める姿。遠い昔の自分を見ているかのようにも感じました。フランス映画を観ているような感じもしましたね 😃

俳優としてはジェフ・ブリッジスの演技が特に輝いていました。また25歳のカラム・ターナーの演技も目を見張るものがあり、この映画の物語全体をより深く感じさせてくれました。

以前も書きましたが、IMDbの評価は常に正しいわけではありません。今回は全然期待しないで見た映画ですが、本当に見てよかった作品の一つです。ストリーは深みがあり、毒あり、驚きあり。最初から最後まで飽きることもなく観ることができました。

またCGのない映画って久々に観ましたね・・・純粋に撮影されたものだけで構成された映画って現代だとあまりないんじゃないんでしょうか。その分俳優の良し悪しが作品の良し悪しに大きく結びつきます。ノスタルジックで泣いてしまうようなひともいるかもしれませんね。私としては今後このような映画がもっと注目を浴びればいいなと思うんですが、どうでしょう。

映画好きならHulu

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

映画好きな方に一押しなHulu。今なら2週間無料で見放題の無料トライアルを行っています。気になる方は下のリンクからご登録をどうぞ。


こちらの記事もどうぞ

【完全ネタバレ】「ハン・ソロ」 映画レビュー ファンなら必見 スター・ウォーズ・ストーリー

目次1 日本での公開は6月29日です2 2018年4月9日更新:新しいトレーラーが公開されました3 ついに5月公開ですね4 興行成績5 レビューサイト6 主なキャスト7 これまでに分かっていること7. ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「デッドプール2」 映画レビュー エンドロール後も必見

目次1 不死身のヒーロー第2作目2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 これまでに分かっていること5.1 これまでと変わらないキャストについて5.2 ケーブルが新たな敵役になりそう5.3 D ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「ランペイジ 巨獣大乱闘」 映画レビュー ネタバレあり

目次1 ドウェイン・ジョンソンの最新作2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 あらすじ6 まとめ7 完全ネタバレ8 パシフィック・リム アップライジングより良かった ドウェイン・ジョンソンの ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「犬ヶ島」 映画レビュー ネタバレあり 犬が島

タイトル: 犬ヶ島 (Isle of Dogs) ジャンル: アドベンチャー, アニメ, コメディ 配給会社: フォックス・サーチライト 公開年度: 2018年 レビュースコア: 8.2 スコア確認日 ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「ファントム・スレッド」 映画レビュー ネタバレあり

目次1 注目作です2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 まとめ6 完全ネタバレ7 感想 注目作です アカデミー賞に6部門ノミネートした今作。アメリカでは2017年に公開され、日本では今年5 ...

続きを見る

-2018年の映画, ドラマ, ロードサイド・アトラクションズ

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.