未分類

【完全ネタバレ】「女王陛下のお気に入り」映画レビュー ネタバレあり

更新日:

興行成績

評価

あらすじとまとめ

アン女王の宮中では、最も女王が信頼していたのは彼女の旧友サラでした。サラのいとこアビゲイルが宮中につき、サラによりメイドとして雇われることになります。

その後アビゲイルはよりメイドとしての地位を上げ、女王との交流を持つようになります。彼女はアンとサラが関係を持っていることを知ります。このことを知ったサラはアビゲイルを解雇しようとしますが、アンはこの状況を楽しんでいます。

サラはロバートともにサラの権力を抑えようとします。サラが宮中に戻ってきたとき、彼女雨は宮中での権力を失っていました。そのことから彼女はアビゲイルを宮中から追放しようと計画しますが、これは失敗に終わり、最終的にサラは宮中から離れることになったのでした。

更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。

完全ネタバレ (あらすじ・結末含む)

18世紀のことです。アン女王は体調が悪く、気性が激しいです。側近には彼女の幼少時代の友人であり助言者であるサラがいます。その頃、サラのいとこであるアビゲイルが宮中に到着します。アビゲイルにサラは仕事を与えます。彼女は他のメイドたちと部屋を共有することになり、他のメイドたちはsまりアビゲイルに親しげではありません 🙁

政治家のロバートは当時の戦争を止めようとやっ気になっていますが、シドニー・ゴドルフィンは真逆のことを女王に助言しています。サラは女王の最もの信頼を得ており、彼女はアンに市民に倍の税金をかけることで戦争を継続させようとします。

ある夜、女王は体調を崩します。アビゲイルは馬を使って森の中から薬草を手に入れ女王の痛みを和らげようとします。またそこで彼女はサミュエルにデイアます。アビゲイルの行動により、彼女はサラのアシスタントとなります。このことにより、アビゲイルは自分の部屋を持つことができるようになりました。

パーティーでは、ハリーが女王と話し戦争を止めようとしますが、サラのもとではそうは簡単に話が進みません。その頃アビゲイルは女王の部屋に行き複数の本をお手に入れます。その後女王はサラの行動に怒り彼女を叩きます。サラは謝罪し、彼女たちは夜をともにします。そしてアビゲイルはこのことを偶然にも知ってしまうのです。

アビゲイルは庭から毒入りハーブを取ってきてサラの紅茶に入れます。サラが乗馬に行ったときその毒が効き始め、そのことにより大きく傷を負います。しかし女王はアビゲイルと親しくなっている自分の気を引くためにやっていうのだと考えています。

サラがいなくなったことで女王はアビゲイルの意見をより聞くようになります。同時期、アビゲイルとマシャムは関係を持っており、女王は彼らが結婚するように言います。そしてアビゲイルはレディーの称号を得ます。彼らは結婚します。その後女王はサラのことが心配になり始めます。

サラは小屋にて目を覚まします。彼女の頬には大きな傷がありました。彼女が宮に戻ってきたとき、アビゲイルがレディーとなっていることに驚きます。サラは女王に会い戦争を続けることを強調し、アビゲイルを排除することを求めますが、女王は同意しません。そのことによりサラは女王が書いたサラあての恋文を暴露すると脅します。女王は裏切られた気持ちになります。

女王を脅迫したことを悪く思ったサラは手紙を燃やします。その後彼女は宮から排除されてしまいます。サラは外から女王の部屋に向かって手紙を燃やしたことを謝罪します。サラが去った後、アビゲイルがサラに代わり、パーティーに参加するなど思い通りに物事を動かすようになります。

-未分類

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.