アクション クライム ドラマ ユニバーサル

【完全ネタバレ】「スカイスクレイパー」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

ドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画

日本では2018年9月21日公開予定、全米では7月公開となっています。

興行成績

Forbesによるとスカイスクレイパーは2018年最大のアクション映画になるかもしれないとのこと!ということは確実に1億ドルは超えてくるでしょう。さらなる成績予想を待ちましょう 🙂

レビューサイト

7月11日現在母数は小さいですが7点前後のスコアのようです。

主なキャスト

監督: ローソン・マーシャル・サーバー
ドウェイン・ジョンソン - ウィル
ネーブ・キャンベル - サラ

ストーリー(ネタばれ含む)

ウィル (ドウェイン・ジョンソン)は新しい人生を始めようとしています。10年間人質となっていたことから彼の脚を悪くしていました。彼は始めたばかりの安全評価ビジネスを支えるため、ある実業家と接触します。

ビルは「ザ・パール」と呼ばれており、数億ドルを超えるこの建物は香港の空を切るようにそびえ立ちます。低階では化粧品や住居施設となっていますが、高層階をオープンするためには安全評価が必要となっていました。幸運にもウィルの以前の仲間ベンが彼を紹介したことで、この安全評価チェックの権利を得ます。

彼は新しいボス・ジャオに会い、ウィルは顔認証システムを使用してビルのシステムにアクセスできるタブレットを渡されます。

安全評価をしている最中、最後の段階で彼はかばんを撃ばれます。ウィルは幸運にもタブレットを所持していましたが、ウィルがいなかった間に発生したパールでの火事とシステム不備の原因は彼の責任だと警察は考えています、妻と子供たちを捕らわれたウィルは火事の中ビルに入ります。

まとめ

ウィルは元FBIエージェントです。彼は捕虜救出ミッションの際に左足を失いました。彼はサラと結婚し、ヘンリーとジョージアの両親です。ウィルは香港にある高層ビル「パール」というビルの建築とデザインをアシストします。

コレスが先導するテロリストチームはパールに侵入しビルに火をつけ、サラと子どもたちを内部に閉じ込めます。ウィルは放火の罪を負わされ、無罪を晴らし家族を助けるためにこれに立ち向かいます。

コレスたちはパールの建築家であるジャオを追います。彼がコレスが犯罪計画に絡んでいることを示すフラッシュドライブを所持しているためです。ウィルがサラとヘンリーをビルから助け出した後、コレスはジョージアを捕虜としてフラッシュドライブと引き換えに開放するといいます。ウィルとジャオはフラッシュドライブを屋上へ持って行きますが、コレスのチームとの戦いに巻き込まれます。コレスは自身をジョージアもろとも爆発させると脅しますが、ウィルはジャオが仕組んだ鏡を使ってコレスを騙し、最終的にコレスは自身のグレネードで自爆します。サラはパールのシステムを再起動し消火に成功します。ウィルは無実を証明することに成功し、家族とも再開することができました。

更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。

完全ネタバレ (あらすじ・結末含む)

アメリカ・ミネソタ州では人質事件が発生します。警官が撃たれ、チームが家族を救うために送り出されます。彼らは家に穴を開けレイに銃を受けますが、彼は息子をかくまっています。エージェントの一人、ウィルはチームに銃を下ろすよういいます。ウィルはレイに息子を開放するようにいい、彼は従いますがが彼は爆発物を使い自爆し、ウィルを含めてチームも巻き添えになります。ウィルは病院に運ばれ、サラという外科医にそこで出会います。

10年が経ちました。ウィルは事件の後遺症で左足を切断しており、義足を付けています。彼は現在香港で働いており、サラとは結婚しヘンリー、ジョージアという二人の子供がいます。ウィルは「パール」という超高層ビルの建築家であるジャオとミーティングをし、デザインと建築のアドバイスをしています。ウィルは友人ベンとも出会います。

ウィルとベンはジャオと出会い、彼のビジネスパートナーであるピース氏とミーティングを行います。ジャオはウィルにパールのシステムをコントロールするタブレットを渡します。ベンはウィルがタブレットを受け取ったことを誰かにメッセージで伝えているようです。ウィルはジャオと共にパールの視察を行います。パールは最新技術を備えたビルです。

ジャオはウィルに彼は以前コレスと働いたことがあることを明かし、彼はパールの建築についてジャオを脅したことを伝えます。ジャオはコレスに報酬を渡した後、コレスが関わった犯罪経歴をすべてファイル化しました。コレスらはジャオの行動に気づいています。ジョージアを救わなければいけないウィルはジャオを守ることを誓います。

ウィルとジャオは屋上でコレスと再開します。コレスがジョージアを開放する前に、ジャオはフラッシュドライブと銃を取り出し、逃げようとするコレスを威嚇します。彼はコレスのパラシュートを渡すようにいいます。ジャオは特殊な鏡のホールを有効にし、ウィルとジャオはコレスらとの戦いが始まります。ウィルはコレスらのほとんどの取り巻きを倒した後ジョージアを救おうとします。グレネードが放たれ、フロアが大きく破壊されます。ウィルはコレスを追い詰め銃をはなとうとしますが、彼はジョージアを身代わりにしようとします。コレスはフラッシュドライブを返すようにいいます。しかし実はコレスは鏡と話していました。ウィルはコレスをキックし彼は自身のグレネードで爆発します。ウィルはジョージアとジャオを安全な場所に連れて行きます。

ヘリコプターが到着しウィルたちを救出します。ジャオはまたビルを再建築することを決意します。ウィルとジョージアは再びサラ、ヘンリーと再開し、群衆は彼らをたたえます。彼らは再び四人で家に帰ることができたのでした。

感想

映画を観た感想としては90年代のアクション映画を思い出させました。常に物語は動き続けるものの、アクションがすべての中心でそれぞれのキャラに焦点を当てることが明らかに不足していたように感じました。

アクション映画として決して悪くはない映画でしたが、観終わった後に何か残るようなものではありませんでした。キャラクター作りにもっと時間を割くべきだったのではないでしょうか。

-アクション, クライム, ドラマ, ユニバーサル

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.