2018年の映画 SF映画 アクション アドベンチャー ワーナー

【完全ネタバレ】「レディ・プレイヤー1」 映画レビュー ネタバレあり レディプレイヤーワン

更新日:

タイトル: レディプレイヤー1(Ready Player One)
ジャンル: アクション, SF映画, アドベンチャー
配給会社: ワーナー
公開年度: 2018年
レビュースコア: 8.0
スコア確認日時: 2018年4月4日

先行上映に行ってきました!ネタバレ有りのレビューです 🙂

非常に評価が高いです

レビューサイトIMDbでは母数が少ないですが8.1/10と非常に高いスコア!期待が高まりますね 🙂


Observerによると、予算は少なく見積もって1億ドル。また初週3日間の興行成績は3500万ドルと予想が出ています。しかし配給会社は少なくとも5000万ドルを考えているようです。

The film, which the studio is spending big bucks marketing, is tracking for a so-so $35 million when it opens domestically on March 29, according to THR. Exact budget figures for Ready Player One are unknown, but it’s a safe bet to have cost at least $100 million. If those tracking projections hold, the movie will be Spielberg’s third-straight mediocre box office performance. Per the outlet, both he and the studio were hoping for at least $50 million. 参照元:Observer

更新1:公開3日間で4100万ドルの予想です

Box Office Mojoソースです。評価は上々で、以前予想に出ていた3500万ドルはらくらく超えそう?といのことです。また記事によるとどうやら予算は1.55~1.75億ドル辺りのようです。

Heading into the weekend, tracking hasn't changed too much, but our analysis shows evidence it will easily bring in $35 million for the four-day, likely pushing to around $45-50 million, if not a bit higher.

更新2:水曜日プレビューで375万ドル!

かなりいい数字出てます!水曜日夜のプレビューで375万ドルでした。比較として、「ターミネーター:サルベーション」が300万ドルで公開3日間4250万ドル、4日間で5500万ドルだったとのこと。この勢いが続けば4100万ドルはゆうに超えてきますね 🙂

THURSDAY AM UPDATE: Ready Player One is off and running, bringing in $3.75 million from Wednesday night previews in ~3,500 location. While there aren't a lot of comparisons to make when it comes to Thursday night previews, the two primary comparisons we used in our preview below were Star Trek Into Darkness and G.I. Joe: Retaliation which brought in $2 million and $2.5 million respectively. In fact, Ready Player One's Thursday preview gross is also larger than the $3 million brought in by Terminator Salvation, which finished with $55 million for the four-day and $42.5 million for its opening three-day.

更新3:木曜日1200万ドルでした

ほぼ予想通りでしたね。イースター休日のなか月曜までどこまで数字を伸ばせるか楽しみですね 🙂

FRIDAY AM UPDATE: Ready Player One brought in an estimated $12 million on Thursday from 4,234 locations.

更新4:公開4日間で5300万ドルでした!

3日間で4120万ドル、4日間で5320万ドルと上々の滑り出しですね 🙂 ここからどれだけ数字を伸ばせるか期待が高まります。個人的には1.5億ドルあたりまで行ってほしいところ。

At the top of the box office is Steven Spielberg's Ready Player One, delivering an estimated $53.2 million four-day after debuting on Thursday, and $41.2 million for the standard three-day weekend for the fifth largest Easter opening ever.

主なキャスト

監督: スティーヴン・スピルバーグ

タイ・シェリダ - ウェイド (Parzival)

オリビア・クック - サマンサ (Art3mis)

ベン・メンデルソーン - ソレント
リナ・ウェイス - エイチ (Helen)
T・J・ミラー - I-R0k
サイモン・ペグ - オグデン
マーク・ライランス - Halliday (Anorak)
フィリップ・ツァオ - ショー
森崎ウィン - ダイトー

ハナ - フナーレ
ラルフ・アイネソン - リック

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

まとめ

設定は2045年。人類のほとんどは厳しい現実世界から逃れるためJamesというゲームクリエイターによる「OASIS」と呼ばれるヴァーチャル世界にのめりこみます。彼は死ぬことになりますが、死ぬ前にゲームの中にイースターエッグが隠れており、発見したものは彼の所有する会社の株とOASISの管理権を譲渡することを発表します。

青年WadeはParzivalというニックネームでOASISをプレイしており、ゲーム内でArt3mis (本名はSamantha)、Aech、Daito、Shoと出会います。彼らはチームを組んでゲームに挑戦しますが、その間にも会社CEOであるNolanはOASISの管理権を得るためにIOIと会社の力を借りイースターエッグ狩りを本格化します。

Planet DoomにてWadeはIOIと対峙します。Wadeは最後の挑戦をクリアしてついにエッグを見つけます。彼はJamesのアバターに出会い、OASISに没頭するよりも現実世界のほうがよほど楽しいことに気が付くのです。

Sorrentoは逮捕され、WadeたちはOASISの管理権を得ます。同時にSamanthaとの交際が始まります。めでたし。

完全ネタバレ

舞台は2045年です。人々の生活は人口過多、失業者が溢れ、資源不足が深刻な状態です。そんな中人々は「オアシス (OASIS: Ontologically Anthropocentric Sensory Immersive Simulation )」という仮想現実によって現実逃避しています。オアシス内では、ゲームクリエイター・ハリデー(彼はすでに他界)による「アノラック・クエスト」というイースターエッグを見つければOASISの管理権と彼の株(50兆円?)を譲渡する、また彼のアバター、Anorakに会うこともできるということで、このゲームに人々は熱狂していました。ハンターの中には仮想現実装置を製造するIOI (Innovative Online Industries)もオアシスの管理権を得るために躍起になっていました。そしてアメリカ・少年WadeはOASISに隠されたイースターエッグを探すたび日々仮想現実に没頭しているのです。このエッグを見つけ歌目には3つの「鍵」を探しだしそれぞれのゲートを開ける必要があります。Wadeはアバター「Parzival」としてOASISをプレーしていました。Wadeのゲーム上のアバターはParzivalで、Arch、DaitoそしてShoと現実世界では会ったことがない友人らといつも遊んでいます。

人々はこのイースターエッグを探すのに必死になっています。彼らはエッグハンター、もしくはガンターと呼ばれています。IOIという会社はSixersという集団を形成し、エッグ探しに必死です。最初のチャレンジはセントラルパークのレースで、ずいぶん前にアンロックされました。Wade (Parzival)はデロリアン笑 を運転します。Sixersはグループで参加します。Wadeは順調にレースを進めますが、キングコングに襲われます。Wadeはもう少しでゴールでしたが、直前でArt3misのバイクがキングコングによって破壊されてしまいます。

Aechのガレージで壊れたバイクを修復します。彼はまたアイアンジャイアントを設計中。またWadeはArt3misに好意があるようです 🙂 バイクが直ったあとWadeは叔母により現実世界に戻ります。WadeはAliceのグローブを使ったことから、Rickにより家を追い出されそうになります。

IOIでは、CEOのNolan Sorrentoがゲームにバグを仕込もうとしていました。そのバグとは、すべてのプレイヤーの画面上にポップアップを表示して支払わないと削除できないというものでした。SorrentoはHallidayの巨額の財産のためイースターエッグ探しに血眼になります。

OASISでは、WadeがHalildayの日記を読みます。その中でWadeは最初のチャレンジのヒントを発見します。Wadeはレースに再挑戦。皆が前に進むのに対し彼は逆走し地下トンネルを通ってキングコングを割けます。彼はついに完走し、Anorakアバターに祝われます。彼は次のチャレンジのヒントとなるCopper鍵を手に入れます。彼はこのレースで史上最高得点を取ったことでSorrentoの目に留まります。SorrentoがOASISに入ります。彼は賞金稼ぎのI-R0kに会いParzivalを見つけるよう命じます。

WadeはOASIS上で買い物をします。レースに勝利したことで、彼は一躍有名人です。彼はArt3misなどほかの友人のレースも手助けします。彼らは歴代レーストップ5を独占することになりました。

WadeとArt3misは「Distracted Globe」というクラブへ行きます。彼はすべてに彼女にメロメロ笑 OASIS上ではおすすめされていないことですが、彼はお互いの名前を明かすことを提案します。彼が自分の名前を明かしたとき、I-R0kが盗み聞きしておりSorrentoに報告されます。その後Sixersがクラブへ入りWadeとArt3misを襲います。タイムスリップを使い無事その場を逃げますが、Art3misは怒ります。そして彼女の父がIOIのもとで死んだことが明かされます。

Wadeは「ウォー・ゲーム」風のゲームで一つ目のゲートを開けます。その後Wadeは「ジェイドキー」の場所のヒントを得ます。その後Art3misは賞金獲得を目指すため、Wadeとのコミュニケーションを絶ちます。ジェイドキーを探す仲、Wadeは惑星Archaideの調査をし、「パックマン」風のゲームに勝利します。

Art3misが先にジェイドキーを見つけ、その後Aech、ダイトー、IOI (インターネットプロバイダー)社員であるSixiersが後を負います。AechはWadeに鍵の位置のヒントを上げ、彼を惑星「Frobozz」に送り込みます。Wadeは問題なく鍵を手に入れ、2つめのゲートを開けて「クリスタル・キー」を難なく手に入れます。

しかしSixersはすでにクリスタル・キーを手に入れていました。しかしSixersはどうやって最後のゲートを開けるか皆目つきませんでした。WadeとAechはどうやってゲートを開けるか知っていました。

巨大ロボットの戦いを制し、Parzival、AechそしてArt3misは最後のゲートを開けました。それと同時にSixersはCataclystをアクティベートしすべての人々を殺戮していきます。幸運なことに、Wadeがパックマンゲームで獲得してクォーターによりエキストラライフをます。Wadeは最後のゲートにてモンティ・パイソン風のゲーム「Tempest」に勝利します。

気づいたときには彼はHallidayのオフィスにいました。そこで彼はアバターである「Anorak」に会い、永遠の命とHallidayの莫大な財産を得たのでした。Wadeと他のメンバーはオアシスを週二回シャットダウンし、人々が現実世界でより時間を過ごせるよう促しました。今後良くなる世界を夢見ながら。現実世界に戻ったWadeはArt3misに初めてリアルで会うことになります。おしまい。

傑作でした

今年始まったばかりですが、観た中で一番の出来でした!一般公開が始まったらもう一回観に行こうと思います。
とにかくいろいろな作品のオマージュで溢れています。パックマンにはじまり本当にいろいろなアニメ・ゲーム・映画などなど・・・30歳以上ですと元ネタも分かってノスタルジックな気持ちになるかもですよ 🙂

スピルバーグ監督は2つの顔がありますね!ウォーハウスなどアカデミー賞を受賞するような作品から、マイノリティーリポートなどSF作品など随分テイストの違う2つのタイプに分けられます。個人的にはSF大好きなので今回のレディプレイヤー1は個人的に大当たりです。

現在公開している映画の中で一番見るべき映画ですね。映画館で観てこそ価値がある映画だと思います。またキャストも素晴らしいです。主役の2人(シェリダンとオリビア)はさることながら、周りの俳優も映画に上手くマッチしています。評価が非常に高いのも納得の作品でした。

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

-2018年の映画, SF映画, アクション, アドベンチャー, ワーナー

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.