2018年の映画 IMDb 6.0~7.0 SF映画 アクション アドベンチャー ユニバーサル

【完全ネタバレ】「パシフィック・リム:アップライジング」 ネタバレあり

更新日:

注目度は低めのようです

全米映画興行成績のランキングでサイトであるBox Office Mojoでは、前作のPacific Rimと比べて成績は大きくダウンする予測が出ています。日曜日にかけて2000~2500万ドル辺りを予想してますね。ちなみに前作は3700万ドルでしたので大きくダウンしてます。1.5億ドルの予算はカバーできるんでしょうか 🙁

Focusing first on the film's domestic debut, the $150 million production will debut in 3,708 theaters this weekend with the studio anticipating an opening in the low-to-mid $20 million range. Looking at IMDb page view data, Uprising is pacing behind films such as Edge of Tomorrow, Blade Runner 2049 and even this past weekend's release of Tomb Raider leading up to release. In fact, one of the best comparisons we could find was last January's xXx: Return of Xander Cage, which opened with $20 million.

更新1: 公開3日間は2800万ドルでした
もちろんこの週1位です。Box Office Mojoそして配給会社の予想を上回る結果となりました :)ただCinemaScoreで"B"評価なので今後伸びるかどうか?

In terms of demographics, Pacific Rim Uprising received a "B" CinemaScore from opening day audiences which broke down as 62% male vs. 38% female, of which 53% of the overall audience was 25 years or older.


更新2: 2週目は1200万ドル辺りの予想

Third place should belong to Pacific Rim Uprising, which debuted with a satisfactory $28 million last weekend, but should drop around 55% this weekend for a $12.65 million sophomore session. We're basing the film's second weekend performance largely on the 57% drop for the first film as well as the amount of competition it faces in not only Ready Player One, but the continued audience interest in Black Panther.

またこちらは映画レビューサイトのIMDb。6/10はなかなか厳しいですね・・・ちなみに前作は7点です。

オーストラリアでは本日公開


日本公開は4月13日ですが、オーストラリアでは本日3月22日が「パシフィック・リム:アップライジング」の初日放映です。早速行ってきました!ネタバレありなので観たくない方はここでページ戻ってください笑

主なキャスト

監督 スティーヴン・S・デナイト
ジェイク・ペントコスト - ジョン・ボイエガ

Alright, weekend. I see you 👀

A post shared by John Boyega (@johnboyega) on


ネイト・ランバート - スコット・イーストウッド


アマーラ - ケイリー・スピーニー
ニュートン・ガイズラー - チャーリー・デイ
ハーマン・ゴットリーブ - バーン・ゴーマン
森マコ - 菊地凛子

Thank you for @kim_bu_sung @bebekimxx @iljung_lee @chanelofficial

A post shared by rinkokikuchi/Rinbjö (@rinkokikuchi) on


シャオ・リーウェン - 景甜

A post shared by Jing Tian (@jingtian) on


ジュール - エイドリア・アージョナ
スラッシュ - カラン・ブラル
マーシャル・クァン - マックス・チャン
リョウイチ - 新田真剣佑
チュアン司令官 - マックス・チャン

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

ストーリー(ネタばれ含む)


前作から10年後の物語です。前作でパイロットだったジェイクはブラックマーケットでイェーガーの部品を奪ったり盗んで生計を立てています。彼が逮捕されたとき、マコに牢屋に行くかPPDCにて指導者になるか迫られます。
香港のシャッタードームに着き、ジェイクはイエーガー計画のトレーニングを開始しました。それは以前仲たがいしたネイトと共に行われました。イエーガー計画はシャオインダスタリーズ(Shao Industries)のドローンプログラムによって影響を受けており、それはリウェン・シャオとドクター・ニュートによるものでした。このドローン計画はイエーガーの技術とKAIJUのセルを統合したものです。マコはドローンの検査を続けていましたが、シドニーに現れたイエーガー・オブシディアンフューリーにより、彼女の乗っていたヘリコプターは不運にも墜落してしまいます。彼女の死後、ドローンプログラムは加速し、PPDCはプログラムは承認。マコは死ぬ間際にロシアにあるイエーガー製造施設の場所を伝え残します、そこがオブシディが操作されている場所であるという可能性を示唆して。ジェイクとネイトがこの場所に到着したその時、施設はオブシディアンはよって破壊されます。オブシディアンを倒した後、なんとこのイエーガーはKAIJUの二次的脳により操作されていたことが判明したのです。
シャオインダスタリーズのドローンが世界各地の施設に到着した時、世界中のシャッタードームを攻撃します。これによりPPDCのほぼすべてのイエーガーが機能不全に陥ります。ゴットリーブはガイズラーに助けを求めます。しかしガイズラーはドローンプログラムにバックドアを設置したため、KAIJUの脳はドローンを操作できるようになっていたのです。ドローンはKAIJUを蘇らすために世界各地で地中に穴を開け始めます。シャオは全てのドローンを停止しましたが、時遅し。3体のKAIJUが日本付近で出現。彼らの狙いは富士山笑 ガイズラーはKAIJUを富士山に落とし地球の生物を一掃し、地球を彼ら自身の植民地にすることを計画していたのでした。
PPDCは残り4体のイエーガーでKAIJUに対抗します。最後のイエーガーであるギプシー・ヴェンジャーは自爆してKAIJUを倒します。ガイズラーはネイトにより拘束されたのでした。

中国映画かと思った

舞台中国だったんでしょうか、中国語俳優、中国都市、中国ブランド。お金持ってますねえ。
青島ビールが出たときは二人とも吹き出しました笑
本文中も会話の10%ぐらいは中国語でした。ガイズラー役チャーリー・デイ中国語上手ですね!でもシャオ役の景甜に発音をけなされてて笑いました!

富士山ってあんなに近かった?

東京から普通に見える位置にある富士山になんか違和感・・・
KAIJUが集まったのが日本にも関わらず建物や宣伝は全て中国語笑
またイエーガーの近くでカローラ?が止まるシーンも。宣伝丸出しですねえ。
違和感ありまくりでしたがギャグ映画ということで2人で笑いながら観てました:)

とりあえず観ないでいいでしょう

開始前から少し嫌な予感してました。スクリーンに入って驚き。10人もいませんでした。今日初日ですよ?とりあえず注目はされてないですね。
特にひねりもなく盛り上がりにも欠けた本作。マコあっさり死んじゃったし:( 映画の最中妻は外で少しのんびりしてました笑 まあ、その程度の作品です。
どうしてこうなった・・・もっとどうにかならなかったんでしょうかねえ。尺自体もちょっと短く感じました。
無駄遣いしたくなければおとなしく他の映画を観ましょう笑 「犬が島」とか良さそうですよね:)

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

-2018年の映画, IMDb 6.0~7.0, SF映画, アクション, アドベンチャー, ユニバーサル

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.