2018年の映画 IMDb 7.0~8.0 ドラマ ファミリー

【完全ネタバレ】「I Can Only Imagine (原題)」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

タイトル: I Can Only Imagine
ジャンル: ドラマ, ファミリー
配給会社: パラマウント
公開年度: 2018年
レビュースコア: 7.6
スコア確認日時: 2018年4月4日

クリスチャン映画です

最近は毎年のようにやってますね。安定した成績が見込めるからでしょうか。私は周りがキリスト教信者ばかりなので進められて観てきました。結果は大満足!ストーリーはさることながら、劇中音楽にとても惹かれました。サウンドトラック絶対買います 🙂 以下はネタバレ有りの感想になります。

公開2週間で4000万ドル突破

全米で全国展開したのが先週なので驚きの数字ですね。

Finishing in third for the second straight weekend is Roadside and Lionsgate's I Can Only Imagine. The film expanded into 2,253 locations (+624) following its stellar debut and delivered an impressive $13.8 million sophomore frame, dropping just 19%, and pushing the film's domestic cume over $38 million after just ten days in release.

評価は上々

3月30日時点でレビューサイトIMDbでは7.7/10です。安定した高さですね 🙂

主なキャスト

マイケル・フィンリー - バート・ミラード

ブロディ・ローズ - ヤング・バート
デニス・クエイド - アーサー・ミラード (バートの父)
クロリス・リーチマン - バートの祖母、Meemaw
マディリン・キャロル - シャノン、バートのガールフレンド
Taegen Burns - ヤングシャノン
Trace Adkins - スコット、MercyMeのマネージャー
プリシラ・シャイラー - フィンチャー夫人 (バートの先生)
Nicole DuPort - エイミー
ジェイクB.ミラー - マイケルW.スミス
Mark Furze - ネイサン

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

ストーリー(ネタばれ含む) 更新中

舞台はテキサス州グリーンヴィル。青年バートの父親アーサーはアルコール中毒で、バートとその母親に決して褒められる行動ではありませんでした。バートはいつも音楽を聴き、自分で創作することもありますが、アーサーによって全て捨てられてしまいます。

バーとの母は毎週キリスト教のキャンプに連れて行きます。そこで彼はシャノンという親友に出会います。彼がキャンプから帰ってきた時、母親は家を出る準備をしていました。

バートは高校生になり、シャノンと付き合っています。彼は父親と同じようにフットーボールの選手になりました。練習中に彼は負傷し、病院で二度とフットーボールをできないことを 伝えられました。そのごバートは学校で音楽のディレクターに選ばれました。翌日父親は心臓発作?により病院に運ばれます。脳腫瘍でした。父親への対応を巡りバートとシャノンの仲は悪くなります。

高校卒業後バートはテキサスを去り、音楽をするためギター一本で飛び出します。彼はオクラホマでバンド「MercyMe」に出会います。MercyMeはバートが小さい頃参加していたキャンプやキリスト教機関にて演奏しているということ。

アーサーは聖書を読み、変わろうとしていました。良いクリスチャンとなるために。その後彼は死去し、葬式後バーとはMercyMeに戻ります。ツアー中に彼は「I Can Only Imagine」のアイデアが浮かびます。バートは彼の作った曲をスコットに見せ、気に入りました。

多くの観客の中、彼はシャノンとともにこの歌を演奏し人々は魅了されました。コンサートの後空っぽになったステージで彼はアーサーが拍手していることを想像しました。最後にシャノンを抱きしめます。

ストーリー良し

MercyMeのボーカル、バート・ミラードの実話です。私は許しと希望を説く映画だと感じました。とてもメッセージ性がある映画なので、最初は布教映画化と思いましたが全然そんなことはなく。。私は仏教徒ですがとても共感できるストーリーでした。

俳優良し

デニス・クエイド(バートの父親役)が特に光りましたね。虐待する父親というなかなか厳しい役で、映画中時に目を背けたくなるようなシーンも有りましたが、鬼気迫るものがありました。

音楽良し

バンドMercyMeの曲は本当に心に響きます。以下は映画タイトルにもなった「I Can Only Imagine」です。

この映画見たらキリスト教に入信したくなるかもしれません笑

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

-2018年の映画, IMDb 7.0~8.0, ドラマ, ファミリー

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.