IMDb 7.0~8.0 ドラマ ホラー ミステリー

【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承 (原題: Hereditary)」映画レビュー ネタバレあり 11月日本公開決定!

更新日:

話題のホラー映画です

基本ホラー映画大嫌いなんですが、誘われて行かざるを得ず・・・とりあえず見てきましたのでここに映画の感想を書いていきますね 🙂

更新

11月30日より日本での公開が決定しました!邦題は「ヘレディタリー 継承」のようです。

興行成績

公開三日間の成績は約500~1000万ドルというのが大方の予想のようですね。

評価

IMDbでは母数は1000以下と少ないですが、6月7日現在7.6/10と非常に高い評価を得ています。

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

あらすじ

グラハム家の女族長が死去した時、彼女の娘の家族は祖先の不可解で恐ろしい秘密を紐解いていくのでした。

完全ネタバレ

スティーブは息子のピーターと娘のチャーリーを祖母エレンの葬式のために起こします。チャーリーは家の屋根裏部屋で寝ていました。妻アニーは芸術家で、彼女が弔辞を述べるいるときにチャーリーは奇妙な絵のスケッチをしながらコッコッという音を立てます。。彼女がスピーチの途中

アニーはその夜チャーリーが寝る前に祖母エレンについて話します。チャーリーはエレンがいつも彼に子供でいてほしかったと言います。困惑するアニーに、チャーリーはエレンが死んだあと、誰が彼女の世話をするのか不思議に思います。アニーはその後あるスクラップブックを見ながらエレンのことを思い浮かべます。

学校ではチャーリーのクラスルームに一羽の鳥が飛んできて死亡します。チャーリーは外に出て鳥の首を切り、道を挟んだ先である女性がチャーリーに手を振っています。

アニーは幻影について調べ始めます。スティーブはエレンの墓は神聖さ汚されているという連絡を墓地より受けますが、アニーには伝えないことに決めます。

アニーはスティーブに映画を見に行くと嘘をついて悲嘆カウンセリングのサポートグループに参加します。そこでアニーはエレンの分裂性を含めた異常な精神状態によって最終的に自殺してしまったことを明かします。

チャーリーは寝室で奇妙な光を観ます。ギャラリーオーナーのシルビアがアニーに連絡しエレンについての品物、そして彼女の新しい仕事の進捗状況について聞きます。

ピーターは母親にブリジットという気になるクラスメートの子が参加するパーティーに参加していいか聞きます。アニーはピーターはチャーリーを一緒に連れていくかどうか尋ねます。

チャーリーは祖母エレンが火に包まれている幻影を観ます。チャーリーは葬式でもしたようなコッコッという音を出すとそれは消え去りました。チャーリーはアニーに、エレンがほしいと言います。アニーはピーターにチャーリーを無理やりパーティーに連れて行くようにします。

パーティーではピーターはブリジットと共にマリファナを吸っています。ピーターが監視していない中、アレルギーのあるチャーリーはピーナッツ入りのチョコレートケーキを食べてしまい、アナフィラキシー反応を起こします。

ピーターはチャーリーを車に乗せ病院に連れて行こうとします。チャーリーは息をするために車の窓から顔を出していますが、ポールにぶつかり断頭してしまいます (ああもうこの先見たくない・・・)。

ピーターは家に帰りアニーは車の中に頭のないチャーリーを見つけ発狂します。

家族はチャーリーの葬式を行います。スティーブはチャーリーのぐちゃぐちゃに描かれたスケッチブックを見ています。ピーターは学校から自転車で帰る際にパニックを起こします。アニーは車の中で一人で悲しみに暮れています。

アニーはサポートグループに参加するため運転していますが、駐車場にいるときに帰ろうとします。しかしアニーが去ろうとしたときに、メンバーの一人ジョアンはアニーを見つけます。チャーリーの死を聞いてから、ジョアンはは自信の子供たちを亡くしたことを打ち明けます。

アニーは屋根裏部屋で寝ています。ピーターはチャーリーのあのコッコッという音と彼女の幻影を見ます。

アニーはジョアンのアパートを訪れます。アニーは夢遊病について打ち明け、その後すべてがおかしくなったことを明かします。

家ではスティーブはアニーがチャーリーが死んだシーンのジオラマを作っているのを見つけます。三人は夕食を取り、アニーはピーターにチャーリーの死について責めます。しかしピーターはアニーがチャーリーをパーティに連れて行くように命じたのだと反論します。

アニーは画材店でジョアンにばったり会います。ジョアンは降霊術の会に参加したことを伝え、アニーにも参加するよう誘います。そこにいるルイスはガラスと黒板を使って会話します。ジョアンはアニーに個人的な持ち物を使って不可解な呪文から解放されるために、儀式の最中は彼女の家族全員が家にいる必要があることを伝えます。アニーは家に帰る途中あのコッコッという音を聞きます。

アニーはその夜アリがピーターの死体に向かっていくのを見ます。アニーは起き上がりピーターの部屋に行き彼と会話します。ピーターはアニーになぜ彼女が彼のことを恐れているのか聞きます。アニーはピーターがほしくなかった事実を伝えます。その後彼女はまた幻影を見ます。

アニーはスティーブとピーターが寝ている間にチャーリーのスケッチブックを使ってジョアンに教えてもらったまじないを唱えます。彼女はチャーリーを召喚したように見え、二人を起こします。スティーブは彼女を水で目覚まします。ピーターは混乱し泣きだします。その後学校でピーターはチャーリーが以前見たような奇妙な光を見ます。

スティーブはアニーに怨霊がピーターを脅かしていることを伝えます。アニーは彼女のスタジオを破壊します。チャーリーの魂は超科学的に彼女のスケッチブックに描かれています。ピーターはベッドの中でチャーリーの幻影を観ます。ピーターは母親に夢遊病を注意します。アニーはピーターに何が起こったのか話さない湯尾お願いします。アニーはなにか超科学的なことが起こっていて彼女しかこれを止めることができないと言います。実は彼女が召喚したのは悪意的なものでした。アニーはチャーリーのスケッチブックを暖炉に投げます。しかしスケッチブックに火が付くのと同時に彼女の腕も燃え始め、スケッチブックをもとに戻さずを得ません。アニーはジョアンに助けを求めます。ジョアンのアパートで彼女は家族の写真から見覚えがある儀式的な三角形のシンボルを見つけます。そのシンボルは悪魔パイモンに関するものでした。またアニーはエレンがジョアンが一緒にいる写真を発見。実はジョアンとエレンは呪文を唱えてパイモンを男性の身体に入れていたのでした。その後アニーはエレンの首なし体を屋根裏部屋で見ます。
ピーターはジョアンが「あなたを追い出す」という言葉を学校で聞きます。また授業中チャーリーのあの音を聞きます。その後彼は机に頭を打ち付けます。

スティーブはピーターを家に連れて帰ります。アニーはスティーブにエレンの亡霊が屋根裏部屋にいることを伝えます。しかし今は首がない状態です。アニーはスティーブにジョアンとエレンがパイモンのしるしのある服を着ていた写真を見せます。アニーは彼女がチャーリーに接近しようとしたときに家族が呪われたのだと言います。アニーはまたチャーリーのスケッチブックとのつながりを伝え、スティーブはピーターを救うためにそのスケッチブックを処分しようとします。

スティーブはアニーにエレンの墓を掘り起こしたことを責めます。スティーブがスケッチブックを燃やすことを拒否しますがアニーはそれを火の中に入れます。

ピーターは起き上がり父親の幻影を見ます。アニーは屋根裏部屋にピーターを追いかけます。その後ぴーたーは天井に張り付いています。

屋根裏部屋ではピーターは蝶々、キャンドル、彼の写真を見ます。エレンの身体はなくなり、アニーはピーターは窓から飛び降ります。ピーターは頭から落ち、死んだように見えます。しかしその後奇妙な光が体に入り込み、蘇生します。ピーターは裏庭のツリーハウスに向かう首なし体の母親を追います。

ツリーハウスの中では裸の悪魔崇拝者たちがピーターにお辞儀します。チャーリーの頭は悪魔パイモンの像の上に載っています。アニーとエレンの首なし体は像の目の前にあります。ジョアンはピーターをチャーリーと呼び、ピーターを悪魔パイモンとして歓迎します。

もう見たくない

一回で十分でしょう・・・ホラー映画嫌いな人にとっては罰ゲームみたいな映画でした汗

出演者でいえばToni Colleteの演技が素晴らしかった。またAlex Wolffの力強い演技にもシビレました 😃

恐いってよりも不吉っていう印象のほうが強かったです。個人的にですが。

ちょっと長かったかな・・・というのが正直な感想。恐がりですのであと20分ぐらい短ければベターでした笑

この映画はホラー映画自体を再定義するような代物ではありません。映画自体は成功と言っても間違いないでしょう。監督Ari Asterはこれがデビュー作でしょうか?お見事でした!

以下の記事もどうぞ

1.【完全ネタバレ】「ヴェノム」
1.【完全ネタバレ】「アリー/ スター誕生」
1.【完全ネタバレ】「ザ・プレデター (2018)」
1.【完全ネタバレ】「死霊館のシスター」
1.【完全ネタバレ】「search/サーチ」
2.【完全ネタバレ】「ヘレディタリー 継承」
3.【完全ネタバレ】「クレイジー・リッチ!」
4.【完全ネタバレ】「クワイエット・プレイス」
5.【完全ネタバレ】「オーシャンズ8」
6.【完全ネタバレ】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
7.【完全ネタバレ】「インクレディブル・ファミリー」
8.【完全ネタバレ】「タリーと私の秘密の時間」
9.【完全ネタバレ】「MEG ザ・モンスター」

-IMDb 7.0~8.0, ドラマ, ホラー, ミステリー

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.