2018年の映画 アドベンチャー ファミリー ファンタジー ワーナー

【完全ネタバレ】「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」 映画レビュー ネタバレあり

更新日:

ハリーポッタースピンオフの2作目です

2016年に公開した「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編です。

これまでに分かっていること

これまでに分かっていることをまとめてみました。

参照元

今回もJKローリングが脚本を書きました

2016年の時点で脚本が完成していた様ですね。問題なく今作も担当するということです安心ですね。またすでに3作目のアイデアもできているとのこと。

ジョニー・デップが悪役を務める?

2016年にはジョニーデップが2作目で悪役として出演することが決まっていました。そ長い間詳細は明かされていませんでしたが、その後彼がGrindelwaldを演じることで決定しました。

Grindelwaldは幼少期のダンブルドアの友人でした。ハリーポッターではGrindelwaldは1920年代に世界を陥れ、彼はその後ヴォルデモートに捕らえられ殺害されたことになっています。

稀に見る奇才ジョニーデップがどんな悪役になるのか?彼の演技は独特で多くの人々を魅了してきました。注目せざるを得ませんね 🙂

舞台はヨーロッパへ?

前作ではニューヨークが舞台でしたが、最後にNewtが船に乗って元来た場所に戻ります。ということです今作はヨーロッパ舞台ではと噂されています。Yates監督によるとイギリスとパリが舞台になるようですね。今作がヨーロッパ中心になるのは間違いなさそう。前作とはまた違ったテイストになりそうで楽しみです 🙂

Newtの著書が出版?

Newt著の魔法動物ガイドが出版されるかも?ファンの予想によると、前作の一年後の1927年に彼の本が出版されたので、今作では出版される可能性が高いとのこと!

ダンブルドア登場?

ハリーポッターシリーズの時よりも少し若いダンブルドアが出演する様です!ジュードロウが務めるのは確定の様です。

今回は魔法動物は少なめ?

前作はとにかくたくさんに魔法動物が出て来てどんちゃん騒ぎでしたね!しかし今作は魔術がテーマの中心になる様で、動物の登場は控えめな様子。これはすごく残念 🙁

Yates監督によるとGrindelwaldを中心とした悪の魔術が物語の中軸を担うためのよう。しかし同時に監督は複数の魔法動物が今作に出ることも伝えています。そのうちの一体はチャイニーズ・ビーストだとか?

5部作の2作目です

JKローリングによって確定されましたが、ファンタスティックビーストは全5部作です。まだ残り4作も見られるなんて贅沢です 🙂

興行成績

まだ予想は出ていませんが、おそらく前作同様2億ドル以上は超えてくるのではないでしょうか 🙂

レビューサイト

主なキャスト

監督: デヴィッド・イェーツ
エディ・レッドメイン - ニュート

キャサリン・ウォーターストン - ティナ
ダン・フォグラー - ジェイコブ
アリソン・スドル - クイーニー
エズラ・ミラー - クリーデンス
ジュード・ロウ - アルバス・ダンブルドア
ジョニー・デップ - ゲラート
ゾーイ・クラヴィッツ - リタ
カラム・ターナー - テセウス

あらすじ

前作の最後でゲラートはMACUSAにより逮捕されましたが、彼は疾走し信者を集め、強力な集団を形成します。これに対抗すべくアルバスはニュートに助けを求めます。

まとめ

グレンデルワルドは逃走し、仲間を作り魔法世界と非魔法世界の療法を支配しようと企んでいます。グレンデルワルドは魔法省から逃げてパリに居るクレデンスに向かいます。そしてクレデンスはナギニと一緒にいます。ニュートはイギリス魔法省と昔の教授であるアルバス・ダンブルドアと友にグレンデルワルドが見つける前にクレデンスを探し出そうとします。

ニュートはジェイコブと再会します。現在彼はクイーニーと交際中です。しかし魔法界の者と人間が関係を持つことは法律で禁止されていました。その後クイーニーはグリンデルワルトに発見されます。ニュートとジェイコブはクレデンスを探し始めます。そして同時期にクレデンスを同じく探しているティナと出会います。彼らは魔法使いユスフに出会い、彼は自分の母親に呪いをかけたクレデンスを殺そうとしています。

グリンデルワルトはパリにて魔法使いのコミュニティが如何に強力であるかを見せつけます。ニュートたちが到着したことグリンデルワルトは大火で街を包んでいます。彼らは火を止めることに成功しますが、うしなったものをも大きかったのでした。

グレンデルワルドはクレデンスはオーリアス・ダンブルドアであることを突き止め、クレデンスを使ってアルバス・ダンブルドアを倒そうと試みます。

更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。

完全ネタバレ (あらすじ・結末含む)

1920年代のニューヨークが舞台です。悪名高い魔法使いグリンデンワルドはアメリカの魔法省によって狩りされています。議長のセラフィナはグリンデルワルドがロンドンへ移送される際、部下アベルナシーとともにいます。彼らが空輸される際、グリンデルワルドとアベルナシーがグルであることが分かります。彼らは護衛のうち二人を殺害しますが、3人目のスピールマンは生き延びます。グリンデルワルドは自由のみとなるのでした。

ロンドンに舞台は移ります。ニュートはイギリス魔法省にいます。彼はホグワーツの旧友・レタと出会います。彼女はニューとの兄弟セシウスと婚約しています。ニュートは以前のニューヨークの事件により渡航制限されています。そしてその後ニュートはクレデンスは死亡したと考えていましたが生き延びており、現在パリに要ることを知ります。ニュートの渡航権を回復させるためにも、彼はクレデンスを兄のセシウスとともに探す必要があります。そしてグリンデルワルドはクレデンスを探しています。しかしニュートは自分の兄と働くことを拒否します。

グリンデルワルドと手下たちはある場所にてクレデンスを探す方法を議論しています。

ニュートは魔法省をでると、手袋が現れ彼をあるビルの上で会うよう指図します。そして彼は以前の教授ダンブルドアと出会うことになります。彼らは今回危険を伴うクレデンス捜査のため秘密理に会っています。ダンブルドアはニュートにパリの安全な場所を示したカードを渡します。ニュートは今回のミッションに乗り気ではありませんが、ダンブルドアは今回のことにグリンデルワルドが関わっていることを理解しています。

パリではクレデンスがショーで働いています。クレデンスはナギニという蛇になる呪いをかけられた女性とともにいます。ティナが観客としてみていたショーにて、クレデンスはたくさんの小さなモノを作り出してテント内を混沌とします。そのチャンスからクレデンスはナギニとともに逃げ出します。スケンダーはその場から逃げ出します。ティナもその場から離れるとき、ユスフに見つかります。彼はティナにクレデンスを探していることを伝えます。

グリンデルワルトはクレデンスが彼の産みの母親を探していることを知ります。グリンデルワルトはクレデンスを使ってダンブルドアを倒そうと計画し始めます。

ニュートジェイコブはポートキーを連れてパリに向かいます。彼らがパリに着いたとき、ニューとはある呪文を使ってティナの最後の形跡をたどります。同時期、クイーニーもパリにてティナを探しています。彼女はフランスの魔法省に行きますが、助けを得ることができません。そしてアバーナシーとグリンデルワルトの手下であるロジアは同じビルにいます。クイーニーがビルの外に出たときニュートとジェイコブの存在に気が付きます。彼女は彼らを追おうとしますが皆の考えを聞いたことで気が滅入ってします。そしてクイニーはロジアに見つかり、彼女に仲間に加わるように言います。

ニュートとジェイコブは街でユスフを見つけます。ティナを見つけたか聞く二人。ユスフは彼らをティナを閉じ込めた場所に連れていき、ニュートたちもそこに閉じ込められてしまいます。三人は
なんとかそこから脱出しユスフを倒します。またそこでズーウという猫のような魔法動物を手に入れ、ニューとはブリーフケースに加えます。

場面は変わり、ロジアはクイーニーを隠れ家に連れていき、そこでグレンデルワルドに会わせます。ニュート、ティナ、ジェイコブは意識を失ったユスフを彼の場所に連れていきます。ティナはユスフがクレデンスについてなにか知っているだろうと考えています。彼らはユスフの目を見ると何かを見つけます。ニュートとティナはそれを引き出すことに成功します。ティナはユスフの情報を魔法省に伝えようと考えます。そして彼らが空を見上げると、空に黒い布がかぶったように見えます。そsれはグレンデルワルドが手下たちを集めていることを示していました。ニュートたちはフランスま少々に行きクレデンスの秘密が含まれた箱を探しに行きます。同時期にグレンデルワルドはクレデンスとナギニを探します。

ジェイコブは家に一人で取り残され、そこで錬金術師のニコラスに出会います。ニコラスはジェイコブにクリスタルのボールを見せ、それがクレデンスとクイーニーの居場所を示しています。ニコラスはジェイコブにクイーニーはパリの墓場に向かうことを伝えます。ジェイコブはその場をさろうとするときに、ユスフがいないことに気が付きます。ニコラスはそして彼のクローゼットの中から本を取り出しユレリーという女性とと話します。ニコラスはグレンデルワルドが墓場にて手下たちを集めようとしていることを知っています。

ニュートはあるジュースを使いシセウスに変装して魔法省へ向かいます。彼らは記録室へ向かいます。シセウスはニュートを見つけ彼とティナを負います。彼らが隠れている間、レタがレストランジ家の記録が家族の墓へと移動されたことを知ります。レタはニュートとティナを見つけます。ニューとはズーウの力を借りその場から逃げ出すことに成功します。

ニュート、ティナ、レタはクレデンス、ナギニそしてユスフに出会います。

ニュートたちはクレデンス、ナギニ、ユスフと出くわします。ユスフはクレデンスを殺そうと考えていたことを明かします。

ニュートは小瓶の血を取り出しニフラーはグレンデルワルドに傷を与えます。そしてそれはホグワーツにいるダンブルドアに渡されるのです。ダンブルドアはグレンデルワルドとの間に破壊できない誓いがあることを明かします。そしてダンブルドアはニュートがこれを破壊できるかもしれないことを伝えます。

グリンデルワルドはクレデンスとクイーニーを新たな秘密の場所に連れていきます。彼はクレデンスに自分の本名、オーレウス・ダンブルドアであることを明かします。アルバス・ダンブルドアとは強大なのです。グリンデルワルドは彼のみがダンブルドアを倒すことができるといいます。

映画好きならHulu

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

映画好きな方に一押しなHulu。今なら2週間無料で見放題の無料トライアルを行っています。気になる方は下のリンクからご登録をどうぞ。


こちらの記事もどうぞ

【完全ネタバレ】「ハン・ソロ」 映画レビュー ファンなら必見 スター・ウォーズ・ストーリー

目次1 日本での公開は6月29日です2 2018年4月9日更新:新しいトレーラーが公開されました3 ついに5月公開ですね4 興行成績5 レビューサイト6 主なキャスト7 これまでに分かっていること7. ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「デッドプール2」 映画レビュー エンドロール後も必見

目次1 不死身のヒーロー第2作目2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 これまでに分かっていること5.1 これまでと変わらないキャストについて5.2 ケーブルが新たな敵役になりそう5.3 D ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「ランペイジ 巨獣大乱闘」 映画レビュー ネタバレあり

目次1 ドウェイン・ジョンソンの最新作2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 あらすじ6 まとめ7 完全ネタバレ8 パシフィック・リム アップライジングより良かった ドウェイン・ジョンソンの ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「犬ヶ島」 映画レビュー ネタバレあり 犬が島

タイトル: 犬ヶ島 (Isle of Dogs) ジャンル: アドベンチャー, アニメ, コメディ 配給会社: フォックス・サーチライト 公開年度: 2018年 レビュースコア: 8.2 スコア確認日 ...

続きを見る

【完全ネタバレ】「ファントム・スレッド」 映画レビュー ネタバレあり

目次1 注目作です2 興行成績3 レビューサイト4 主なキャスト5 まとめ6 完全ネタバレ7 感想 注目作です アカデミー賞に6部門ノミネートした今作。アメリカでは2017年に公開され、日本では今年5 ...

続きを見る

-2018年の映画, アドベンチャー, ファミリー, ファンタジー, ワーナー

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2019 All Rights Reserved.