未分類

【完全ネタバレ】「クリード 炎の宿敵」映画レビュー ネタバレあり

更新日:

興行成績

評価

あらすじとまとめ

アドニス・ドニー・クリードはプリティ・リッキーに敗れた後成功を収めますが、その後アポロを殺害した男の息子ビクター・ドラゴの挑戦を受けます。彼はアメリカに到着しドニーと戦うことになります。ドニーはビアンカと婚約しており、彼女は子供を身ごもっています。

ドニーはビクターと戦うことになりますが、大きな傷を追うことになります。ビクターはこの戦いで失格となりますが、ドニーは身体的いにも精神的にも傷を負います。

メアリー・アン・クリードはロッキーと連絡を取り彼の助けが必要であることを伝えます。ビアンカはそしてアマラという女の子を授かりますが、耳が聞こえません。ロッキーはそしてドニーの新たな戦いに向けてトレーニングを開始します。

ドニーはビクターの戦いのためにモスクワに向かいます。ビクターは最初優勢でしたが、ドニーの力強さによりだんだんと差を埋めていき、最終的にドニーがチャンピオンの座を維持することになったのでした。

更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。

完全ネタバレ (あらすじ・結末含む)

ウクライナではイヴァン・ドラゴが息子ヴィクターを起こし、トレーニングを開始します。その後彼らはボクシングマッチに行きビクターがリングに立ちます。力強さからビクターは相手をノックアウト。

アドニス・ドニー・クリードはプリティ・リッキーに負けてからの数年間複数回の勝利を収めています。ドニーは次の試合の前に彼女ビアンカに会います。試合後、ドニーはロッキー・バルボアに会い、ビアンカに指輪を渡そうとしていますが、彼はなんといえばわからない状態です。

ロッキーはエイドリアンの墓を訪れます。彼は息子ロバートと長い間話しておらず、孫にも会っていないことを明かします。

ドラゴはバディとともにフィラデルフィアに到着します。イヴァンはロッキーの経営するレストランを訪れ、宿敵同士の再会が30年ぶりに実現します。同時期、ドニーとビアンカはビクターが再戦を望んでいることをニュースで知ります。イヴァンはロッキーに以下にロッキーに敗北したことが彼にダメージを与えたのか伝えます。彼はロシアにてすべての信頼を失い、妻は去りました。そのためイヴァンにとってこの再戦は非常に重要であるということがわかります。

ビアンカのコンサートの途中、バディが現れドニーにビクターと戦うよう諭します。その後ドニーはロッキーとファイトについて話します。ロッキーは過去の経験から同じことを繰り返してほしくないと考えています。しかしドニーはやる気があります。しかしロッキーはドニーのトレーナーになることを拒否します。

ドニーとビクターのファイトがもうじき開かれます。ファイトの前、イヴァンはアポロについてのコメント寄せ、そのことはドニーを怒らせます。ファイトが始まります。ロッキーは試合を彼のレストランで見ています。ビクターは非常に力強く大きくリードしていましたが、頭をヒットさせドニーは倒れます。そのことによりビクターは勝利を剥奪されてしまいます。

その後、ドニーは回復に時間がかかっており、精神が疲れ果てています。彼はビアンカから距離を取るよになります。その後リトルデュークはドニーにビクターが最新を望んでいることを伝えます。ドニーはいまだに王者のタイトルを持っているからです。ドニーは興味を示しません。メアリー・アンははロッキーにメッセージを送り、ドニーがロッキーが必要であることを伝えます。ロッキーはドニーのアパートに突如現れ、彼に自信を与えようとします。

ドラゴはビクターの成功を祝いますが、イヴァンのもと妻と母親のルドミラが現れたことで場は白けてしまい、ビクターはその場をさりますが、イヴァンは彼らは自分たちをサポートしようとしているのだと伝えます。

そしてビアンカは女の子を出産し名前をアマラと名付けます。しかし彼女は耳に病を持って生まれました。

ロッキーはついにダニーの再戦のためのトレーニングを開始します。同時期にイヴァンはビクターにより過酷なトレーニングを強います。

再戦はモスクワで行われました。ロシア人を中心とした観客はドニーにブーイングを送ります。ビクターが大きくリードを取る展開で試合は開始しますが、以前とは違い、ドニーは力強く粘ることでビクターに勝利することができました。

そしてロッキーはついにシカゴに向かいロバート、そしてロバートの息子ローガンに会います。ロバートはローガンを彼の祖父に紹介します。ロッキーは息子を抱きしめます。

ダニーはビアンカとともにアポロの墓に向かいます。その後ダニーはアマラを彼女の祖父に紹介して映画は終了でした。

-未分類

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2018 All Rights Reserved.