未分類

【完全ネタバレ】「チャイルド・プレイ (2019年)」映画レビュー ネタバレあり

投稿日:

あらすじとまとめ

アンディは母カレンとともに暮らしています。カレンはアンディにバディというAI人形をプレゼントします。アンディが手に入れたのはチャッキーという人形でしたが、これは安全機能がオフになった不良品でした。それによりアンディに危険が降りかかります。

チャッキーはカレンのボーイフレンド・シェーンはアンディを快く思っておらず、ある時アンディがシェーンがいなくなったらいいと言ったとき、チャッキーはシェーンを殺し彼の顔をメロンの上に乗せてプレゼントします。アンディと友達たちはチャッキーを取り除こうとしますが、チャッキーはゲイブという電気技術者によりリプログラミングされていました。

チャッキーは探偵マイクの母を殺害します。アンディはカレンにチャッキーが危険なことを伝えますが、彼女は信じようとしません。ある夜新たなバディ人形が発売されるとき、チャッキーは人形を製造する会社のすべての製品をハッキングしそれら人形は顧客を危険に晒すようになります。アンディたちはその後チャッキーを破壊することに成功します。

最後のシーンではすべてのバディ人形はリコールで回収されてしまいます。

更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。

完全ネタバレ (あらすじ・結末含む)

カスラン社によるバディ人形の広告が映し出せます。バディはこの人形の所持者の電子機器と連携するため非常に利便性に優れています。

ベトナムにあるカスラン社の工場では、工場マネージャーがある従業員に厳しきあたっています。マネージャーは彼を首にしますが、その従業員はクビになる前にすべての人形の安全機能装置をオフにしてしまいます。

舞台はシカゴに移ります。仕事が終わったカレンは家に帰り息子アンディと会います。アンディは補聴器をつけています。アンディは現在友人がいないため寂しく思っています。カレンはシェーンと付き合っていますがアンディのことを快く思っていません。近所の探偵マイクは母ドリーンと同居しています。

カレンの仕事場では、顧客がバディ人形の目が赤く光っていることで不良品だと思い返品をしています。カレンの上司ウェスはそれらを返品するようにいいますが、カレンはそれをアンディのために家に持って帰ります。それはアンディの誕生日プレゼントとなり彼に渡されますが、アンディはあまり興味を持ちません。アンディが人形の電源をいれると、それはチャッキーと名乗ります。

アンディはチャッキーの使い方がイマイチわかりません。その後夜中にチャッキーは歩きはじめます。アンディはチャッキーに自分の考えを伝えるようになり、チャッキーはカレンのボーイフレンドシェーンを快く思っていなく、チャッキーはアンディを不憫に思います。

アンディはフェイリンとパッグという友人がいます。彼らがテキサス・チェーンソーという映画を見ているとき、チャッキーは映画を真似してナイフを持ち出しパッグに向かっていきます。アンディはこれを止めなければなりませんでした。

-未分類

Copyright© THE MOVIE REVIEWS , 2019 All Rights Reserved.